ご予約はこちらのページへ

オレンジのハイトーンインナーカラー

こんにちは、美容室ウプスのいすです。

ここ3年ぐらいの間、いわゆる黒染めっぽい暗めのヘアカラーが主流でした。

アッシュ系カラーに代表される様な、グレーやグリーン系の暗めの色です。

もちろん、そんな暗めのカラーもまだまだ大人気なのですが、それよりすこーし明るめのヘアカラーがちょこちょこ動いてきています。

 

小松市の美容室ウプス代表 井須幸三@yanadakouzou

髪の内側だけにちょっとだけ明るめの色を入れる「インナーカラー」。ブリーチをしなくても明るめの色になるので、会社勤めでも大丈夫。耳にかけるとフワッと明るい色がのぞいていい感じ♪

▲こちらのお客様もそんなおひとりで、耳から下の内側の髪を明るくカラーリングしてあります。

表面のカラーには5番の色味を使用し、内側のカラーには12番の色味を使ってあります。

こんな感じで内側の髪にだけ明るく色を入れるカラーも、何気に人気だったりします。

これなら、会社勤めの方でも無理なく明るめカラーが楽しんでいただけます。

 

もっと明るいカラーでも大丈夫!

 

さっきのお客様の様な自然な色味の違いもいいけど、もっと大胆に明るめの色を出したいという方にはこれ。

 

 

内側の髪をブリーチで色を抜いてから、オレンジ系のカラーを入れてみました。

ブリーチで髪色を抜くことで、いったんは金髪になります。

その金髪になった髪に色味を入れると、上の様に「ドッカーン」と色が入ってくれます。

 

ブリーチをして色を抜いたところへ、もう一度色味を入れてカラーリングすることを「ダブルカラー」って呼んだりします。

このダブルカラーをして、ワンポイントで色を付ける方もちらほら。

みんなとちょっと違うカラーを楽しみたい方に人気です。

 

これからだんだんとあったかくなってくるので、夏に向けて明るめカラーが似合いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です